5月 05 2016

ミンクやフォックスを始め 毛皮買取が人気

欲しくて買った毛皮も時代とともに古臭く感じたり、フォックスなどは嵩張ってしまい毛皮買取業者に持ち込む方が増えています。業者の方も最近はオールシーズン毛皮を高価買取を行っており、特に最高級と言われるロシアンセーブルやミンク、そしてチンチラ、フォックスに関して買取人気なようです。しかも、最近は店頭買取や出張買取以外にもネットで申し込みが出来る宅配買取サービスもあるため便利です。では一般的な宅配買取サービスの流れはどのような流れかというと①申し込みフォームから必要事項を記載しメールを送る②宅配キットが届くのでそちらに買い取ってもらうものを詰めて業者へ送る③業者へ到着後査定をしてもらい連絡を受けた後口座へ買取金額が振り込まれる と言う流れで、家に居ながらにして空いている時間内に全て済んでしますので忙しい方や近所に買取店が無い方にも安心です。気になる査定に関しては古い毛皮でもコンディションが良い物(シミや汚れ、カビなどが無い物)は高く買い取ってくれますし、コートだけではなくショールやケープ、毛皮のバッグ類、ネームがついたものまで査定をしてくれますので処分しようか悩んでいる方は一度問い合わせてみると良いでしょう。

家の中で眠っている毛皮。最近は毛皮買取店(詳細はココから!→http://xn--toro5hg6vygkvkak72i.net/saisyogi/kaitorikakaku.html)も増えており人気があります。では自宅で眠っている毛皮について何も知らないという方のために何点か種類や特徴を挙げていきますが、毛皮の代表的な種類としてはフォックス、ラビット、ラム、セーブル、チンチラ、キャットリス、ラクーン、タヌキ、オポッサムなどがあります。中でも一番高級品と言われているのが「セーブル」で特にロシア産やカナダ産のロシアンセーブル・カナディアンセーブルが最上級と言われコートは数百万円します。逆に一番安価なものはラクーンやラビットファーですがラビットの中でも最高級のものはレッキスという種類でビロードのような手触りが特徴です。また、使いやすくラビットよりもちょっと高いポピュラーなものがフォックスでレッドフォックスやブルー、シルバーなどがあり毛質が長毛なのが特徴です。そして、その他のラム、キャットリス、タヌキ、オポッサムですがタヌキはフォックスとラビットの間くらいの値段で耐久性にすぐれ、ラムは高級品から安価なものまで幅広く染色パターンも多いのでファッションアイテムとしても取り入れやすく、オポッサム・キャットリスはレアなものが多く貴重な種類になります。